FP講座で資格チャレンジ

FP試験に挑戦する!

FP試験に「通信講座」で挑戦する!

FP試験に挑戦する! FP試験に通信講座で挑戦するには、1日に何時間勉強をするかを決める必要があります。
仕事をしている場合は、携帯電話のネットを活用すれば、日中でも1時間から2時間近く勉強できます。
その時は通勤時間のバスか電車の中、仕事の休憩時間で携帯電話を使って通信講座を読みます。
特に昼間の休憩時間は上手く時間の節約ができると、30分くらいFPのことを学習可能です。
家族に事情を話せば、弁当を作ってくれると思われるので、お昼に弁当を買いに行く時間が省けるはずです。
そして仕事から家に帰ると夕方の時間ですが、早めにお風呂に入ってすぐに夕飯を食べれば、3時間以上時間が余ります。
なので4時間から5時間は勉強ができる計算になります。
FPの試験が近づいてきた時は、通信講座についている過去問題集を使い模擬試験をしましょう。
何度もやって入れば試験範囲がわかるだけでなく、自身の苦手分野を理解するきっかけにつながります。
苦手分野を勉強して克服すると、試験を合格しやすくなります。

【FP資格取得のための勉強法】独学・通信講座・通学・過去問など

FP資格取得のための勉強法 FP資格取得のための勉強法といっても、独学や通信講座の利用、さらには通学スタイルなど、いくつかの選択肢にわけられます。
例えば独学で学習する場合の最大のメリットは、費用が掛からないということです。
市販の問題集や過去問を自分のペースで学習することになるため、必要な費用は教材費のみです。
ですが教材選びが難しいなどのデメリットが存在しています。
一方でFPの通信講座の場合、最初から要領よくまとめられているテキストで学習できるというメリットがみられます。
また通信講座なら、添削課題などを活用して、自分の達成度を確認しやすいなどの特徴もあります。
通学スタイルの場合には、講師の方に必要な知識を教われる点がメリットです。
ですが決まった時間に通学するのが、負担になる方には難しい勉強方法です。
どういった選択肢が適しているかは、1人1人の状況によって異なります。
そのため学習スタイルごとの特徴を比較して、自分に合った学習方法を選択するようにしましょう。