FP講座で資格チャレンジ

難易度・勉強法について

独学? 通学? それとも通信講座?FP試験no合格率・難易度・勉強法について

難易度・勉強法について 資産設計を提案できるFPの資格は、定期的に開催されているFP試験に合格すれば取得できます。
2級までなら独学での合格もできる難易度ですが、実績がある通信講座を受講する方が多く見られます。
FP試験の合格率は、就職活動時に評価される2級で約35%ですが、その試験範囲の広さから効率良く学べる通信講座か、もしくは、校舎で講師から教えてもらう通学講座のどちらかでないと、全体をカバーするのが困難です。
勉強法としては、通信講座などのオリジナルテキストの読み込みと、セットになっている問題集を繰り返し解くのが基本となります。
広く浅く覚えるタイプのFP試験では、直近の出題傾向を反映している通信講座などのテキストが大いに役立ちます。
試験勉強として平均1年間はかかるので、1つの教材を選んだら、後はそれだけをじっくりと勉強するのがポイントです。
一定の点数を取得できれば合格するので、全体で合格水準に達するように考えられている資格対策講座のテキスト一式を利用しましょう。

FP検定の勉強法について(通学と通信講座)

FP検定の勉強法について FP検定の勉強法については、通信講座と専門学校に通学などのやり方が存在します。
専門学校でFPの勉強をする時は、週に何日か通う方法なので、仕事をしながら通うことができます。
教えてくれる講師は資格を取得して、実際に仕事をしていた経験がある人ばかりなため、教育内容は信用していいです。
学校の授業で教わるのと同じ形式なため、わからない箇所があった時は挙手をすれば教えて頂くことが可能です。
試験が近づいてきた場合は、過去問題集を使い模擬試験を何度かしてくれます。
間違えた箇所があった時は、その部分の説明をしてくれるので、苦手分野の克服につながりやすいです。
通信講座を使い学習をする時は、携帯電話を使えば通勤時間や仕事の休憩時間の合間にも勉強できます。
動画を見ながらFPの勉強もできるので、仕事から帰った日の夜や休日の際に利用している人は数多くいます。
それに動画の教師の話が難しかった時は、その箇所へ巻き戻すこともできます。